ファミリーアーツ ピュアサウンド

京都にお住まいのK様からMiniスタンドの脚周りの独自チューニングレポート、第2回目を頂戴いたしました。

 2009.8.4  続編追加!  自作側面押し座による更なる改造レポート  

 サイドプレスミニで畳の上に座って聴く「升席オーディオ」 のミニトールボーイ編です。

前回の課題

畳の上で座って聴く「升席オーディオ」の修正を行いました。 

前回、ロングボルトの補強をした結果、少し大きいブックシェルフスピーカーもセット出来るようになりましたがスピーカー位置が低いせいか広がりはあるのですが、上下感が少し足りません。

スピーカー高さの変更

 スピーカー位置を上げるべく石材の上に
 30cmのONKYO硬質パーティクルボードスピーカー台、
 足の中に砂(ジルコンサンド)入りで一台16kgを載せ、
 間に滑り止めのオーディオシートを敷きました。

足回りの補強

前回補強をしたのですが、
まだ大きいスピーカーの時に足回りが負け気味でしたので
追加の補強を前回よりも細いボルトで行いました。


スピーカー位置の検討

ミニは構造的に三本足の一番前に荷重が多くかかり、
自重受けの穴を追加しようと思ったのですが、
真ん中に移動するとスピーカーをセットした時に
サイドのプレス位置がスピーカーセンターに寄ります。

経験的にサイドのプレス位置は後ろの方が良いことが多かったので
穴はあけず、
一番前の足を伸ばし後ろに荷重がかかるようにセットしました。


3本とも平均にとは行きませんが
以前より随分と3本足に平均に荷重がかかる様になりました。


足回りの2段補強効果で
少々揺らしても3本足が踏ん張って揺れなくなり、
次にサイドのプレスボルトの加工に取り掛かりました。

 

側面押し座の自作

下は頑丈に、上はソフトにスピーカーに触れる部分は出来るだけ少なく小さく(中空イメージ)と思い
部屋に以前からある極小オーディオテクニカインシュレーターに合わせボルト先を加工しました。

ナットは 何回もセットしたり外したりでスパナを使用するのがおっくうになり、
簡単に手で締まる蝶ナットを使用したのですが、これが正解で簡単に適度に締まります。

   
セッティング高さの確認

高さの確認の為スピーカー台の上にセットして、正面に座りますと
スピーカーの位置が自分の顔の位置より少し上でピッタリです。

 

 

スパイク受けの検討

硬質黒檀キューベースとジュラルミンとでは大変な音の違いがありました。

キューベースは全体にマイルドな乗り心地で全体に広がる感じ

ジュラルミンはハイスピードでハッキリした乗り心地
音の違いが鮮明に分かります。

前の方だけキューベースに
後ろはジュラルミンでも又違った音であり
非常に敏感に反応します。

ミニトールボーイ完成

サブシステムのデッキとアンプはNmodeセットで試聴開始です。

 何時もの事ですが当方音楽的な表現は出来ませんので、
出た音のそのままの感想になります。

 以前のセット方法と比べた感想は低音が少し横に広がっていたのが、
真下にドォンと落ち
ボーカルがスピーカー位置より少し上に定位し
すばらしい上下感で、左右の広がりも以前以上に広がっています。

 右側は棚があり左よりは少々不満ですが
これは部屋の構造的な問題でシステムとは関係ないと思います。

 奥行き感もすばらしく
スピーカー後ろにアコーディオンカーテンがあり、
その後ろに2重ガラス窓があり、
 その後ろに庭の小さいデッキがありますが
デッキ付近でティパニーの音が聴こえたり、幸せですーー!


 まとめ

現状、ノーマル→ロングボルト→足補強→サイドプレスボルト改造と、
改造しまくりで志賀様の製品を大変申し訳なく思いますが、幸い音質は改造するたびに向上しています。

 電源の整備が進んだ事、土台が頑丈になった事、高さが理想的な位置になった事、改造が上手く行った事等
 車で言いますと心地よい排気音につつまれ最高のドライブ日和で、非常に気持ちが良くて見晴らし全開です。

(注) 他の方がサイドのプレスボルトの改造を行う場合は落下の危険があります。
ノーマルのプレスボルトは、正常使用ですと落下の心配はないと思いますが、すべて自己責任で御願い致します。


 以上、「升席オーディオ」 のミニトールボーイ編のレポートでした。

 


FAPS志賀感想

K様 「升席オーディオ」 の続編ありがとうございました。

ミニスタンドは、また一段とパワーアップしましたね。

ミニスタンドは弄ってなんぼ、みたいな性格もありますが、ここまで弄ってもらえれば冥利に尽きるという感じです(笑)

スピーカーとの接点を小さくし、周辺から可能な限り隔離してセッティングするという音場確保の基本的なアプローチをより一層進めたものとして評価します。

何を隠そう、この最終形は、3点スパイク支持です。実は、Side-Press開発当初に実験を行っています。
当初は、ダイレクトセッティングと言ってこのHP上でも紹介しておりました。

実際、このセッティングに近いことをやっておられるユーザー様(S様)もいらっしゃいます。


音場表現だけで言えば世界最強のセッティングと言えます。 

ただし、音質的にはスピーカーの振動が100%ダイレクトにスタンドに伝わる影響で、スタンド素材の鳴りの影響が大きく出ます。

Side-Pressの自然な音色を聞いている立場からういうと、悪く言えば、金臭い音になります。
普通に言えば、高域の伸びが著しく、金管楽器が輝きを増し、ハイハット等の音が抜けるようになります(笑)

上のS様は、その辺の調整として標準押し座の先に円錐インシュレーターを使用し、点支持と音質確保をなさったわけです。

間に小さなインシュレーターをお使いになられたK様のチューニングも、結果的に同じような流れになったように思います。
音質的にも最高の水準になっていることは、容易に想像できます。
ひょっとするとメインシステムより良い音になっているのでは!? ・・・・

今回のK様のやられたことを見させていただき、オーディオの世界でも「歴史は繰り返す・・・」なんてことを思ってしまいました。

最後に、私からも書かせていただきますが、類似のセッティングは、非常に危険です。

ほとんど必ずと言ってよいほど、スピーカーがスタンドから外れ落ちるという経験をします。
実は、K様からも落としたことがあるとお聞きしています。
下手したらスピーカーが壊れます。真似をなさりたい方は、それを承知の上で自己責任でお願いいたします。

天国と地獄は紙一重です。どうぞ慎重に弄ってあげてください。ありがとうございました。

                               FAPS 志賀