FAPS音響パネル 【凛】 【凛SSR】 【SSR】 取り扱い説明書 (Ver.2.0) 

本説明書は、FAPS音響パネル 【凛】 【凛SSR】 【SSR】の組立て方法について記述したものです。

 凛(りん)  凛SSR  SSR

   
1.【凛】 【凛SSR】のご使用に際しての注意事項

パネル本体は木製品のため、以下のような経年変化が起こります。
また使用方法を間違えますと破損する可能性がありますのでご注意願います。

●木製製品のため傷が付きやすく、下記のような木製特有の経年変化が起こることもあります。
 ・色調の変化 本製品の素材は地松(赤松)のため経年と共に赤色に変化します。
 ・ひび、割れ、松ヤニの漏出が起こることもあります。
 ・収縮により部材間に隙間が発生することもあります。

●パネルスタンドについて
 付属のスタンドは、パネル本体を自立させるためのものです。
 以下のような場合にパネルが転倒したり、スタンド取付部分が破損する可能性があります。
 必要に応じワイヤー等の転倒防止用器具をお使いください。

 ・スタンドを斜めに取り付けたり、締めつけボルトをしっかりと締めてない場合
 ・寄り掛かったり、何かを支えようとした場合
 ・大きな地震の場合

●SSR使用についての注意事項
 ・本部品は、鉄製です。塩分の多い場所、濡れたまま放置すると錆が発生することがあります。
 ・SSRのチューニング時にSSRを張り過ぎるとパネル外枠の凹みや割れることがあります。
 ・中央部のチューナーの片側のネジは、反時計方向に回して締める「逆ネジ」になっています。
  時計方向に回そうとするとネジが噛んでしまい外れなくなったりネジ山を破損することがあります。
  本説明書に従い、正しい部品の取付けと調整を行ってください。
 
●SSR部品の取り付け・取り外しについての注意事項
 ・SSRは音響パネルの狭隘部に取り付けするため、工具が使いにくく非常に面倒な作業であり、慣れも必要です。
  ナットの締め付け時に工具によりパネル本体に傷を付けてしまう恐れがあります。
 ・SSR部品の取り付け・取り外しは、木工作業や機械部品取付に自信のある方向きの作業です。


2.凛、凛SSR、凛SSRシングルの違いについて

凛SSR、凛SSRシングルは、音響パネル「凛」にオプション部品のSSR(Sound Spirit Rod=響心棒)を組み込んだものです。
木質パネルに金属ロッドの響きが追加され、広いレンジでの残響感を出すことができます。
響きの少ない和室等のデッドな部屋の音響改善に好適です。
 
凛SSRはパネル1枚あたりに2本のSSR、凛SSRシングルはパネル1枚あたりに1本のSSRが組み込んであります。
SSRの効果が強すぎる場合は、付属のミュートキューブを使用してその程度を加減することができます。
また本説明書の組立て手順を逆に行って取り外すこともできます。


3.同梱部品の確認

最初に同梱されている付属品等の確認をお願いします。
記載の数量は、パネル2枚分です。

●凛の構成部品
(1)パネル本体 :2枚
(2)スタンド   :4ケ
(3)スタンド取付用 ワッシャー付きボルト :4本
(4)スタンド用アジャスター :8ケ(取付済み)

●SSRの構成部品  ※SSRシングルの場合は、CD以外は半数となります。
(1)SSRロッド : 下部ロッド4本  上部ロッド 4本
(2)SSRジョイント :4ケ (上部ロッドに取付済み)
(3)緩み止め機能付きハードロックナット 8組 (内4組は上部ロッドに取付済み)
(4)M8ナット : 4ケ
(5)
M8ワッシャー :8枚
(5)ミュートキューブ :4ケ
(6)チューニング用CD :1枚

●凛SSR、SSRシングルの構成部品
 上記の音響パネル「凛」の構成部品及びSSRの構成部品となります。

●共通付属品
(1)付属工具  11/13サイズレンチ 1ケ
(2)本マニュアル

●工具について
 SSRの組立て・分解を行う場合は、付属工具以外にSSRロッドを挟むためのペンチ類、もう1本の13サイズレンチが必要となります。


4.スタンドの組立て方法

スタンドの組立ては、以下の手順で行います。

(1)アジャスターの取付
以下のようにアジャスターのネジを根元まで締めこんでください。

(2)スタンドの取付
スタンドを取り付ける場所は、パネル枠上下の外側のネジ穴です。

SSRを使用しない場合は、パネルの上下どちら側を使ってもかまいません。
SSRを使用する場合は、SSR取付用の埋め込みナットが付いている方を上にします。
パネル本体とスタンドは表面を接触させて取り付けてください。
間にワッシャー等を挟むとパネルがぐらついたり、ネジ穴等を破損することがありますのでお避け下さい。

 取り付け例 (SSR付きの場合)

スタンドはワッシャー付きボルトでしっかりと締めつけます。
ボルトが緩んでいるとスタンドがガタつき破損の原因になります。
木部の収縮と使用によりスタンドが回転してボルトが緩むことがありますので必要に応じて増し締めしてください。

(3)アジャスターの調整

パネル設置場所に置いて床面の凸凹に合わせてアジャスターを回し、
パネルが直立し、4点が均一に接地するように調整してください。

以上でスタンドの取り付けは終了です。


5.SSRの組み込み方法 ・・・ SSRキットの取り付け方法(例)

SSRキットを購入し、ご自分で取り付けを行う場合は下記を参考に作業願います。
SSRは音響パネルの狭隘部に取り付けするため、工具が使いにくく非常に面倒な作業であり、慣れも必要です。

(1)「ハードロックナット(リム付き)」について
付属品中の「ハードロックナット(リム付き)」について簡単に説明します。
写真左が下ナット(凸)で締めつけ用、写真右側のリム付きのロック用上ナット(凹)です。
下ナットにリム付き上ナットを被せて使用します。

 左:下ナット   右:上ナット(リム付き)

この二つを組み合わせると上下ナットの偏芯により強力なクサビ効果が発生し、ゆるみ止め効果が非常に高く永く維持できます。
凛SSRでは、SSRロッドとナットを一体化させる必要がある部分に使用しています。

(2)SSRロッドについて

SSRは上下2本のロッドを接続して使用します。
写真の上側が上部ロッド、下側が下部ロッドと言います。
上部ロッドの右側にはハードロックナット、左側にはSSRジョイントが予め取り付けてあります。

(4)SSR上部ロッドの取付

上部ロッドのハードロックナットがついている側の端面には赤マークが付いています。

赤マークが付いているネジ部分をパネル枠のSSR取り付けネジ部にナットが当たるまでねじ込みます。
パネルの上側から見ると六角穴の底面から赤いボルト部分が少し出ている程度の状態となります。

上部ロッド頂部の取り付け状態

 

上部ロッドの取付状態

※SSRシングルの場合は、パネル設置時に左右対称の位置になるように穴位置を選んで取り付けてください。

(3)下部ロッドの取付
 
下部ロッドネジ部の外観と取り付けイメージ

ロッドの片側には何も付けません。
もう一方には上の写真のようにパネル下部の木枠を挟みこむような形でワッシャーとナットを使用します。
最初にナットをネジの根本付近まで締めこんでおき、ワッシャー付けて木枠の貫通穴に差し込みます。

パネルの反対側の貫通穴に奥まで差し込みます。

(4)ジョイントへの接続と長さの調整
ジョイントを時計方向に回し下部ロッドの先端に届くくらいに近づけます。
 ※ジョイント左側は逆ネジになっており、時計方向に回すとジョイントが手前に移動します)

@ジョイントに下部ロッドを20mm程度ねじ込みます。
  ジョイントが回ってしまうと作業がしにくくなります。
  ジョイント部を片手で保持・固定して
下部ロッドをねじ込むようにしてください。
 
A
下部ロッドとジョイントを一緒にしてジョイントを時計方向に回して下部ロッド先端を木枠の外に押し出します。
B @とAの作業を繰り返し、ジョイント左右のネジ部の長さがほぼ等しくなるようにします。
C
下部ロッドのネジ飛び出し量が8mm程度になったら止めて、以下の手順に従い下部ロッドを固定します。

 ボルト先端の飛び出し長さを8mm程度にします。

(5)下部ロッドの調整と固定

下部ロッドは最終的に下の写真のように固定します。
パネル外側は、ワッシャーとハードロックナットで締めつけ、パネル内側は通常のナットとワッシャーで締めつけます。

@最初にパネル枠の外側にワッシャーを入れ、ハードロック下ナットを取付けます。
付属のレンチを使い下ナットを締めこみ、SSRロッド全体に
テンション(張り)を与えます

SSRにテンションを与えてからロッド部分を指先で弾き、ロッドの響きがゴーンと金属的なものであることを確かめます。
付属のCDを再生し、大体同じような響きになるようにすると良いです。
 
Aハードロックナットの上ナットを取り付け、ロッドをペンチ等でしっかりと押さえた状態で上ナットをしっかりと締め付けます。

B次にパネル内側のナットを締めつけます。
  ロッドとパネルの間が狭いのでレンチの向きと角度を変えながら締め付けます。
  ロッドが回らないように、パネル外側のナットをレンチ等で固定しながら作業を行ってください。

締め付けが終わった状態

ナットの角度により狭くてスパナが入りにくくなります。
その時は下のようにスパナを斜めに使ってください。

C上下ロッドの各締めつけ部に緩みがないことを確認し、必要に応じて締めこんでください。


(6)SSRの張り(ピッチ)調整
 
スタンドを使ってパネルを直立させた状態で調整を行います。
ジョイント部分をスパナや指先で軽くたたき、付属CDの響きと同等になるようにします。

レンチの11mm側を使いジョイント中央の平行部分を回してSSRロッドの張りを調整します。
ロッドが回転してしまう場合は、各部の締め付け状態を確認してください。
上部ロッドのナット部分をレンチ等で固定しておくと調整が楽です。
 
ジョイントを強く締め過ぎるとロッドに過大な引っ張り力が作用し、
パネルの上下枠を変形させたり、ナット部分が陥没してしまいますのでご注意ください。

ピッチ調整後は写真のように2本のロッドが真っ直ぐになり
ピンと張りきった状態になります。

2本のSSR及び左右パネルの響きが同程度になれば調整終了です。

注意 SSRロッドの取り付け部は使用に伴う木部の収縮等で緩むことがあります。
    時々点検し調整を行ってください。

以上で凛、凛SSRの組み立ては終了です。


6.凛、凛SSRのセッティング

スピーカーの後ろに凛を置く標準的なセッティング方法を以下に記載します。
部屋の状態に合わせ、適宜位置を移動して最適なポイントを探してください。

(1)スピーカーと凛の位置関係(基本セッティング)
●リスナーから見た時にスピーカーのセンターと凛のセンターが一直線上に来るようにします。
●スピーカーの裏面から約40cm程度離した場合に凛の効果は最大になります。
  スピーカーの音がリスナーに向かって飛んで来るような音場が作られ、響き感が増大します。
 凛を後方に下げれば効き方は減少します。お好みの位置関係を選んでください。
●スピーカーと凛は平行設置が基本ですが、凛の方向を変えると音場全体の幅も変わります。
 SP中央付近の音が薄くならないように注意しながら左右の広がり感を調整できます。
 
(2)凛SSRの効果調整
 SSRの効き方は、ミュートキューブを使って段階的に調整できます。
 @SSR効果 大   SSRをそのまま使用します。
 ASSR効果 中   ミュートキューブを片側だけ使用します。
 BSSR効果 小   両側にミュートキューブを使用します。

 

(3)ミュートキューブの取り付け方

 ミュートキューブの一面にSSR抑制用の凹みがあります。
 この凹みをジョイント中央部にセットして使用します。
 ジョイント部分は、反射板との距離が狭くミュートブロックは入りません。
 写真のようにSSRロッド部分で間に入れてそのまま下に移動させてジョイントをロックします。

 

(4)凛を3枚以上使う場合のセッティング例

凛を複数枚数使用する場合の標準的なセッティング例です。

@左右スピーカーの後方に各一枚、スピーカーと平行になるようにセットします。
  スピーカーとの距離を変えてお好みの響きにしてください。
  スピーカー背面40cm程度が標準です。近付けると反射量と指向性が増し、
  遠ざけると部屋全体を響かせるようになります。

A3枚使用の場合。1枚をスピーカー間にセットします。
 左右の凛より少し奥にセットするのが基本となります。
 中央の凛を前後させることにより音場全体の深さとボーカル等の中央音源のエネルギー感を調整できます。

B4枚使用の場合。1枚をスピーカー間、1枚をリスナーの真後ろに約50cm程度離してセットします。
  スピーカー間の凛の作用はBと同じです。
  リスナー後方の凛は、部屋背面の定在波がリスナーに集中するのを緩和します。
  リスナー聴感的には背後の圧迫感が減り、部屋が広くなったように感じます。

 ※他社パネルでは、2枚のパネルを蝶つがいで連結させて屏風のようにセットする事例もありますが、
   凛の場合は、効果が大き過ぎて過度な響きになってしまうことがあります。
 ※同様にスピーカー間に2枚のパネルを連結してV字型にセットする場合もありますが、
   凛の場合は、全体の音場及び定位感を乱してしまう可能性がありますのでお避けください。
   中央に1枚配置するだけで十分な効果が得られます。

以上

●製品に関する問合せ先

〒319−1416 茨城県日立市田尻町2−1−2
            ファミリーアーツ ピュアサウンド

 電話  0294−42−9641  
 FAX  0294−32−5025
 E-Mail    saido-puresu@family-arts.com
 HP    http://www.family-arts.com/

 

出荷確認印