FAPS    T−TOPスタンド スピーカースタンド お客様レポート   New !

   神奈川にお住まいのM様から頂いたレポートです。( YAMAHA NS−1000Monitor )

国産スピーカーの名機YAMAHAのNS-1000Mを長年に渡ってお使いになっておられるM様から頂いた感想文です。

ピュアオーディオ及び5.1chAV用としてお使いになられています。
スピーカーの受け方と床面のスパイク受けの簡単なチューンをした結果、お好みの音質が得られたとのことです。


T−TOPスタンドを試聴させて戴いているMです。
試聴の感想を以下に記します。

まずセッティングですが、写真で見たよりしっかりしたスタンドで大変満足です。

重さ30kgを超えるNS-1000Mを乗せてもビクともしませんでした。
スパイクやナットも精巧にできていてかみ合わせが合わないなどの不具合はありませんでした。

スピーカを乗せると背が高いので圧迫される感じがしますが慣れれば気にならなくなるでしょう。
部屋は12畳ほどのLDで床はフローリング、絨毯は敷いていません。
2本のスピーカの間には32インチのブラウン管TVが置かれています。

NS-1000MはAVアンプ(DENON製)に切り替えて5.1chのフロントスピーカとしても使用するためこのレイアウトは変えられません。
スピーカの後ろの空間は40cm、横の空間は数cmといったところです。
スタンドの床側のスパイクには一円玉を敷いています。


(この写真は、後述のスパイクベース受けを黒檀板に変えてからのものです。)

セッティングが完了し音を出した最初の印象は今までと比べると音が明瞭になりメリハリが出てきたように感じました。

ところが音質は私の好みと少し違っていて硬い感じで期待したほどのものではありませんでした。
私はバッハやモーツァルトを中心にクラシックを主に聴いていますが、ピアノや弦の音がキンキンする感じです。

初めはスピーカを3点スパイク直刺しにしていましたので、そのためかと思い、前面を付属の自重受け座に変更してみました。
聴きなおすと非常にやわらかい好みの音色に変わりました。
1本の受けを変えるだけでこれだけ変わるのには驚きです。

中音につやがあり低音も今までより明瞭さが増したように感じます。
また楽器ひとつひとつの音がはっきり聞こえるようになったと感じます。
ジャズのCDでもメリハリと温かみのある音がします。

私のオーディオ歴は20年強で最初はYAMAHAの単品コンポで揃えていましたがCDの音が気に入らず、
CDプレーヤー、メインアンプ、プリアンプの順に増強して来ました。
コンポを変える度に音質が格段に向上し長く愛用し続けています。

現在の構成は
メインアンプ SANSUI B-2103 MOS VINTAGE
プリアンプ SANSUI C-2105 VINTAGE
CDプレーヤー PHILIPS LHH700
レコードプレーヤー YAMAHA GT-750
スピーカー YAMAHA NS-1000M
です。

そろそろスピーカーもグレードアップしようかと考えていた矢先に貴社のホームページを見つけました。
このスタンドとNS-1000Mの組み合わせであれば今の自分には十分だと思います。
5万円程度でこれだけの音質が得られれば安い買い物だと思います。

震度4〜5の地震があると確実にスピーカーが落ちると予想されるのでそれだけが心配です。

FAPS感想

スタンドも気に入っていただけたようで何よりです。
ご愛用されている1000Mがこれからも良い音を出し続けるというのも嬉しい限りです。

チューニングにより更に好ましい方向に変化すると思いますのでいろいろとお試しになってください。
頂いた感想から感じることですが、床面の1円玉は早めに木製の受けに交換した方が良いと思います。
厚さ20mm以上、100mm角程度のMDF材をスパイク受けにするだけでも効果があります。
1000Mのお客様の中には、30mm角の黒檀ブロックでうまくいった方もいらっしゃいます。

それとスパイク類のロックナットは確実に取り付けてください。
緩んでいると、そこから高周波の雑音が出ることがあります。

変更は難しいのでしょうが、SP側面と壁は30cm程度開けるだけでも大きく音場向上します。
ぜひお試しになってください。

地震対策ですが、SP底面に一つ孔をあけるお覚悟があるのでしたら、
自重受け支柱の中心付近に設けてある予備穴を使い、スタンドとスピーカーを木ねじ等で結合することで対応できます。
音質はやや固めの方向に変化してしまいますが、何かの機会があればお試しください。

スパイクの木製受けは、ホームセンター等で売っているMDF(圧縮合板)で構いません。
OAフロアの下地に使うようななるべく密度が高く固めのものが良いです。
(ハンズで売っていると聞いてますが)黒檀ブロックがベストです。

ポイントは、スタンド支柱の振動をしっかりと受けて吸収するものということです。
金属や石のような振動を跳ね返すようなタイプは合いません。

かと言って高価な市販のオーディオボードは、使う必要はないと思います。
松、桜、楢等の身近な固めの素材で試されると良いです。
但し、コンパネ、杉単板、100円ショップのまな板等に使われているゴムの木は駄目でした。



M様から再度頂きましたご報告です。

早速、東急ハンズへ行ってきました。
推奨戴いた大きさのものはなかったので50×50×15mmの黒檀ブロックを購入し取り付けました。

音がハッキリし特に低音がよく出るようになった気がします。